とても美しいものを 見たんだ・・

大晦日なので、
フラクタル心理学にまつわる
今年、印象に残ったことを、
書いてみたいと思います。

 

まさにこの1年は、
フラクタル心理学のマスターコースから
幕開けした1年でした。

 

大阪で50名ほどの方が、
マスターコースを受講され、
関東や、広島、九州方面でも
10名ほどの方が、受講されました。

 

1年経過して、
そこから学びを深めて、
カウンセラーになられた方、
講座の講師になられた方もおられます。
6名の方が、結婚を決め、
お仕事で、出世された方、
病気を克服された方、
本当に沢山の変化がありました。

 

ここ年末に来て、
何より嬉しかったことがあります。
1年の振り返りとして、
多くの人に体験談を書いていただいたのです。

 

明らかに年始の頃とは、
受講された方が、人間的にも環境的にも、
変化されていたことです。

 

特に、人が必死で何かに向けて、
黙々と頑張る姿や、
子供や、親、パートナーまでもが、
変化していく姿などは、
本当に心打たれるものがあり、
体験談を読みながら、何度も泣きました。

 

知ってる人達だから、
ビフォーを、間近で見ていますから、
アフターを知った時、尚更、泣けました。

 

私の中では、
フラクタル心理学を通じて、
「とても美しいものを見たな・・」
という、印象があります。

 

旅行して美しい景色をみたり、
美術品、芸術作品の美しさに感動したり、
それらも美しいです。

 

けれども、それで大泣きすることは、
そんなに多くはありません。

 

人の黙々と何かを行っている姿で、
これだけ、泣かされたというのは、
自然や芸術作品とは、
また違う形の「美」ですね。

 

とにかく
「美しい」としか言いようがありません。
おそらく、その中に愛を見つけるからでしょう。

 

 

私のことで言えば、
16歳年下の彼と復活愛をとげたことです。
別れていた期間に、さみしいから、
必死でフラクタル心理学の勉強をしていました。

 

学ぶだけの価値のある心理学だったというのも
あります。

 

出会った時に、
「貴重な時間を取ってでも、
学ぶに値するものに、久しぶりに、出会った」
という、感覚がありましたから。

 

彼と別れた理由は、
彼が、ぐうたらで、働かないので、
将来に悲観して、喧嘩して別れました。

 

そして、性格も悪くて、
「遊びに行こうよ」と行ったら、
「俺は俺。あっこ一人で行って!」というような、
私のハートが「冷えーっ」となるような、
冷たい、自分の事しか考えてないような人でした。

 

フラクタル心理学では
「360度自分」

自分に無いものは外側に投影できない。
この理論を、一切崩すことはありません。

 

だからこそ、
「この働き者の私が!」
「愛が売りの癒やし系の瞑想の仕事を20年続けてこれた私が!」
「ナマケモノで、冷たくて性格が悪い訳がない!」

 

これに怒り心頭(笑)

 

理論を
受け入れる事が出来ませんでした。

 

でも、とりあえず、「学ぶ」というのは、
自分が正しいを捨てる事です。

 

新しいステージに上りたいなら、
自分が正しいを捨てることです。
だって・・もう、自分のステージの中になんて、
答えは残ってないのです。

 

自分のステージの中に答えがあれば、
とっくに、上昇してヨロシクやってますよ。

 

なので、受け入れて、

 

必死で自分を修正していたら・・・

 

彼と久しぶりに会った時、
彼が、筋肉隆々で、
仕事で認められていました。

 

そして
「どうしたら2人で楽しめるか?」
と考えるような、
思いやりに満ちた人になってました。

 

あのナマケモノで、
性格が自分勝手な冷たい人は・・

 

 

一体、
誰だったのか?

 

何を隠そう! 
私だったのです(笑)

 

フラクタル心理学の理論が正しい事を、
認めざるを得ない、
ちょっと苦い・・出来事でした。

 

「360度自分」このフラクタル心理学の理論が、
パズルのように、1つずつ日常の中で、
腑に落ちてくる。これも、またとても美しいのです。

 

真理に例外とか「自分だけは特別扱い」
「この出来事だけは、特別扱い」とか、
ないのです。

 

これも、美しい宇宙の数式を見るようです。

 

 

とにかく、今年は美しいものを
沢山みた1年でした。

 

汚いものは「私の心」だったという。
こんなオチの(笑)まぁ楽しい1年でした。

 

今年、出逢ってくれた皆さん。 
ありがとうございました。
成長を促してくれた皆さんに感謝です。

 

来年もよろしくお願いします。

 

新年は マスターコース入門
東京・名古屋・大阪・福岡・
北海道・沖縄・米子・ソウルと
考えております。
こちらから、お申込み頂けます。

 

みなさんも 美しいものを
自分の目で確かめる1年であってくださいね。

 

それでは、良いお年をお迎えくださいね。