良い・悪いダイエット

写真は、フィットネスクラブの休憩室。
炭酸水と水を半分に割ったものを飲んだり、
今日は、アイスコーヒーも頂きました。

涼しいので、ここで本を読んでます。

最近、面白い本見つけたので、読んでます。
ある程度、作りおきがないと、栄養の偏った
簡単な炭水化物や添加物の多い食事になりがちです。

そう思うと、
強い味方かなと・・買ってみました。

 

糖質制限は、スルスル痩せますね。
でも・・私は、やっぱり、ご飯食べますよ。
パンもパスタも。

 

世の中に、
良いもの悪いものがあるわけではないのです。
良いものと、良いものが量が多すぎたもの
(それで支障をきたし悪に変化するもの)
があるのです。

 

とにかく、ダイエットで、気をつけていることは、
「極にはしりすぎ、それを延々続けない」
これですね。

極にはしると、最初は効果があるかに感じます。
良いものに思えます。
けれども、その量が多すぎた時に、
良いものだったはずが、
量が多すぎた悪いもの(支障をきたすもの)
に、変化してしまうのです。

 

それよりも、
普段の何気ない思考を変え、
脳を変えていくことですね。
これだと、一生使えるからです。

(大阪)

フラクタル心理学インナーチャイルドダイエット