相手には有るのに、私には無いと思う勘違い

昨日は突然のお声かけにも関わらず、
女性6名の方が集まり、新年のお茶会でした。

皆さん瞑想とフラクタル心理学を
学んでいる方たちでしたが、
フラクタル心理学をまだ始めたばかりの方もいれば、
勉強をすすめて知識を増やしてる方もおり、
私自身、とても大きな気づきがありました。

私は子供がいないので、
「自分は、何も産み出していない」と思っていましたが、

このように、教え子が山程、育っており、
フラクタル心理学の中では「紹介者が多い」という、
歴代の記録を持っています。
これは、受講生さんから教えてもらったことです。

実際、今回も前日に思いつきで声をかけて、
6人の人が集まったわけですから、
「私は、沢山のものをちゃんと生みだせているのだな」と、
まずは認めてみよう!と、受講生さんの分析から気づきました。

今回のお茶会は、私が、彼と会えなくて時間が出来たので、
急遽開催されたので、彼の話にもなりました。

私が彼の何に・・こだわっているのか?
それを見ていくことになりました。

まずは、
社会的地位を彼が持っているということ。
そして、
ローンの終わった1軒家を持っているということ。

これは私にとって、
彼の大きな魅力的な部分ではあります。

では、それと同じものを私は持ってないのか?

固執するということは、
「相手にはあるのに私には無いと思う勘違い」
が起きてる訳ですね。

だから、相手に固執する時は、
自分の中にエッセンスが同じで形が変化していて、
見つけられないだけで、同じものがあるのかもしれません。
それをまずは探してみるということですね。

上記に書いたように
「子供を産み育てる」と「受講生や部下が育つ」は 
エッセンスは、同じです。
無いではなくて有るのだということが、しだいに見えてきます。

同じようにして、
彼の中にみているものを自分の中に探してみます。

「彼の中に見ている「地位」というものを私は持っていないのか?」
事実は、自分が認めないだけで持っているのだということ。

同じく「ローンの終わった一軒家を私は持っていないのか?」
事実は、すっかり忘れていたけど、
50メートルプール付きのマンション持ってた!(笑)
キャッシュで買ったのでローン無いから忘れていた!

すっかり忘れていたけど・・我が家(笑)

「相手には有るのに、私には無いと思う勘違い」
私達は知らない間に自分自身にとても厳しくなっているよ!
自分を許さないし、認めようとしないよ!
だから 外側に素敵なものを見つけた時は、
かならず、自分の中に 同じエッセンスのものが有るから、
それを見つけて認めてみましょう。

そして、すぐに持っているものは当たり前すぎて忘れちゃうから
何度も自分に持っていることを言い聞かせてあげよう!

社会的地位を持っている彼。
ローンの終わった1軒家を持っている彼。
この固執が消えた時・・・それでも残るものは何だろう?

それは、やっぱり、彼の人間的な魅力ですね〜。
(LOVE)

自分の中に、本当の愛を発見できて良かった!

マスターコース入門 奈良学園前 はこちら

フラクタル心理学 実らせよう 夢のたね